気になるムダ毛

posted by: hirofumi

No Comments »

ムダ毛って、他の人に見られるかと思うと、どこでも気になります。

その中でも一番うっかり見られたら、困るところは脇の毛じゃないでしょうか。肘くらいの半袖くらいなら、見えないだろうと処理の甘い日にでも、手をぐっと上げたりすると、うっかり見えてしまう危険性がありますし、処理しないと、産毛ではないので、しっかり強い毛が見えて、見せられた相手もショッキングですよね。

見られた方もショッキングでしょう。恥ずかしすぎます。いろいろ言い訳したくなりそうだけど、そもそもそいいう問題じゃないですねと、あたふたしそう。

仕事中の出来事で、もしかしたら見えてたかもと思ったら、昼ごはんも喉に通らなそうです。考えただけで怖いです。という事で私は、ほぼ毎日脇は自己処理の毛抜きで対処してきたのですが、毛を毛抜きで抜くというのを長期にわたりやると、本当に黒ずみします。毛穴もぼつぼつザラザラで、薬味おろしのようになっています。

ノースリーブはもっての他です。自分で見ても気持ち悪いですから、触っても気持ち悪いほど悪化してしまっています。白くてつるつるのピカピカ脇になりたいです。ノースリーブでコマーシャルのように手を振ってみたいものです。

そのためには自己処理の毛抜きを止めないといけないのは分かっているのですが、毛根からしっかりと抜いてしまいたいと思ってしまうので止めれていないのが現状ですね。。。

本当は脱毛に通いたいのですが・・・専業主婦ということもあり、自分で自由に使えるお金がないんですよね・・・たまにお金を借りてって思ったりもするくらいなのですが・・・コチラで⇒専業主婦が銀行カードローンを利用

なかなかお金を借りてまで・・・主人に内緒で・・・ってなると一歩が出ていない状況です。子供ができたらそうそう行けないと思うのでその前にとは思っているのですが、このままの状態が続きそうな予感がしていますね(>_<)

posted in: 未分類

冷静になれない姉

posted by: hirofumi

No Comments »

都会など、人口密度の高いところで生活していると、道行く人の「気遣い」や「気配り」の出来ない人に対してストレスが発声することが多いです。

特に電車やバスなど、交通に関係する場面。

例えば、電車内でケータイ通話をしている人やヘッドホンから漏れてくる音などはもちろんですが、駅の自動改札で、改札ゲートを抜けたすぐのところで立ち止まってしまい、後ろが痞えている事に気づかない人(中年女性に多い気がします)や、ハイヒールを大きく「キャンキャン」鳴らして階段を下る女性など、すごくイライラするわけではないのですが、なんとなく不快な気持ちになってしまいます。

あと、これは男性に多いのですが、鼻息が「ピーピー」鳴る人っていませんか??

これもそれほどストレスになるわけではないのですが、なんとなく気にしてしまいます。

いつもこういう体験をすると、自分も他の人に同じような思いをさせていないかと心配になります。 おそらく、気づかないところで、他の人に迷惑をかけているんだと思います。

こういう時は、おおらかに構えて「人間というのは多少の迷惑を掛け合う生き物同士」という気持ちになったり、また、音や他人の行動は、自分の中に入ってから負の感情に変わるものなので、音自体や行動自体をあまり深く考えないようにすることが、ストレスをためないで生活する工夫なのではないかなと思うようにしています。

イライラするかしないかも自分の選択次第なのですからね。

でも、私の姉はこのイライラが自分で制御できないみたいで。というのも姉はよく旦那さんとケンカしています。本当に些細な事でイライラして喧嘩して、よく実家に帰ってきます。

そして、一人で出かけたと思ったら大量の買い物袋をぶら下げて帰ってくるんです。

「どうしたのそれ?」って聞いたら、「イライラするからストレス発散で買物して来た!」って。

一体いくら使ったのか。そもそもそんなにお金あるのって聞いたら、「アコムで借りてきた」って。

(分からない方には参考でコチラから・・・ アコムで借りる

いやいや、そんなことしたらまたケンカになるんでは?もういい加減大人なのでちょっとは冷静に考えたらいいのに。。。

 

posted in: 未分類

建設現場の警備アルバイト

posted by: hirofumi

No Comments »

アルバイトは色んな種類をやってきましたが、一番印象に残っているバイトの話をします。
勤めていた会社が倒産し何でもいいと思って慌てて始めたのが警備員アルバイトです。
百貨店の建設現場での車両誘導をしたり、何か作業をする人がいるとそこで通行人を安全に通すといった内容でした。

親の車に乗っていて、工事中だったり、大きなショッピングモールなんかに行くと警備員のかたの誘導で車を止めることが多かったのですが、そのときに、上手に誘導をしてくれる人と、本当に適当な人がいるんですよね。

どこが空いているかとか把握していないまま誘導されたときなんて、意味が分かりません。こんなので給料をもらうなんて子供でもできる!!なんて両親が文句を言っていた記憶もあります。

なので、自分がそのアルバイトを始めたときには、お客様には絶対に迷惑のかからないよう、スムーズに車をすすめられるようにしようと心に決めていました。

実際に警備員をはじめてから、そんなに簡単な仕事ではなく、おなじ仲間とイヤフォンで連絡を取り合いながら車を誘導していく。周りをきちんと確認して空きがあるかの把握をしておかないといけない。とても大変でした。慣れる慣れないじゃないんじゃないかっていう感じでしたね・・・・自分にできるのかどうかっていうのが怖かったです・・・
その他、車の誘導の後にエレベーター係に移されたのですが、これがまた大変というか時間を持て余すというか・・・ただ作業員さんが言う階数のボタンを押すだけ。
たまに台車で乗り込む人の為に段差の所に鉄板を倒して乗りやすくしてあげたりするぐらいで、ひらすらエレベーターの上り下りの仕事でした。
楽そうに見えて良さそうですが意外とこういった単純な仕事内容も辛いものがありましたね・・・

posted in: 未分類

喧嘩が多い

posted by: hirofumi

No Comments »

一般的に姉妹って私の周りだけかもしれませんが、仲がいいところが多いような気がします。姉妹で旅行に行ったり、飲みに行ったりっていうのも言っている子たち多くて。

でも、私たち姉妹はかなり仲が悪いほうですね。お互いを認めていないって感じで。

こんな感じでこれからの人生を生きていくのもちょっと面倒だなーとは思ってしまいますね。

posted in: 未分類